せっかく恋人とのセックスのチャンスが訪れても、早漏が原因で関係が悪化するなんてのは絶対に避けたいところです。もし早漏の悩みを抱えているなら、プリリジーで克服してみませんか?薬による治療は副作用が怖いと思う方も多いですが、しっかり効果を確認して使うことで抑えることもできるので確かめてみましょう。

射精するまでの時間が短くて悩んでいる人はたくさんいるでしょう。
しかし、悩んでいるだけでは早漏は改善できません。早漏を改善したいなら早漏治療薬のプリリジーを服用しましょう。

服用する前に、プリリジーの有効成分や使用方法、副作用のことなどしっかり知っておいた方がいいです。
そうすれば、安全にプリリジーを服用できます。プリリジーを服用して早漏を克服しましょう。
そうすれば、自分だけではなくパートナーも喜んでくれます。

プリリジーの有効成分

ベットでイチャつく男女

ダポキセチンは世界初の服用する早漏治療薬です。プリリジーとして製造販売されていて人気が高いです。
早漏治療では日本人だけではなく、世界中の人がプリリジーを服用しています。

プリリジーの有効成分はダポキセチンで、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。
ダポキセチンはセロトニンの再吸収を妨ぐことで濃度を高めて、ノルアドレナリンの分泌を抑えてくれます。
これによって、脳内が過剰に興奮するのを抑えられるので射精するまでの時間が長くなるのです。

射精するまでの時間はアメリカ人の男性2,000人を対象とした臨床研究の結果で、大体3倍から4倍になると報告されています。
膣内に挿入してから射精するまでの時間が平均54秒の人達にダポキセチン30mgと60mgを12週間にわたって性行為の度に服用させた結果、30mgを続けて服用した人達は平均3分41秒まで長くなっています。
ダポキセチン60mgを続けて服用した人達は、平均が4分11秒まで長くなるという結果が出ているほどすごいです。

さらに、パートナーの満足度も2倍になると報告されています。
自分だけではなく、恋人も満足度が上がるので一石二鳥の早漏治療薬です。
プリリジーを服用して射精するまでの時間が長くなっても、感度が鈍くなることはありません。

プリリジーは早漏の改善率がとても高く、早漏治療で約75%の人に効果があります。
これは、早漏治療薬の中では圧倒的なので、早漏で悩んでいるならプリリジーによる早漏治療が効果的です。
プリリジーは服用するほど射精するまでの時間が段々長くなるという効果もあります。
ですので、性行為をする度にプリリジーを服用するのがいいです。
継続的にプリリジーを服用すれば、早漏自体を改善できるとも言われています。

EDの30%の人は早漏を合併するということを知っている人は多いでしょう。
この場合は、セロトニン不足だけではなく、陰茎の硬度も問題になります。
なぜかというと、陰茎の硬度が低下してしまうと、感度が上昇して射精するまでの時間が短くなり、早漏になってしまうからです。
EDと早漏で悩んでいるなら、プリリジーを併用して服用しても問題ありません。
ですが、プリリジーの正しい使用方法を知ることが大切です。

プリリジーの使用方法

ビール

プリリジーの効果を最大限に発揮させるためにも、性行為をする1時間から3時間前ぐらいに服用しましょう。
食後や食前などは決まっていませんが、服用する時はいくつか気を付けないといけないことがあります。
例えば、錠剤をそのまま飲み込んだりアルコールと一緒に飲んだりしてはいけません。

ダポキセチンとアルコールは相性が悪いので、一緒に飲むとひどい悪酔い状態になる場合があります。
ひどい悪酔い状態とは吐き気や頭痛、動悸などです。失神する場合もあるので気を付けないといけません。

ですので、ダポキセチンを服用する時はコップ1杯程度量の水かぬるま湯と一緒に飲むのがいいです。
ダポキセチンを服用する量は国によって違います。
一部の国では1日に服用できる量は60mgまでとされていますが、それ以外の国では1日90mgまで服用できるとされています。
ですので、早漏を早く改善させたかったり思ったより効果が出なかったりしても、1日に服用できる量は守らないといけません。
服用するほど射精するまでの時間が段々長くなるので、最低でも6回は同じ量を服用することが大切です。

用法用量をしっかり守れば早漏を改善させることができますが、服用してはいけない人もいるので注意が必要です。
例えば、心不全や心律動障害など心臓に障害がある人は服用してはいけません。
それに、肝障害や腎障害、血液凝固障害の人も服用してはいけません。プリリジーには併用禁忌薬もあるので注意が必要です。

例えば、抗うつ薬や睡眠改善薬、鎮痛剤などです。
他にも併用禁忌薬に指定されている薬があるので、薬を服用している人は気を付けないといけません。
この他にも服用できない人がいます。
ですので、プリリジーを安全に服用するためにも、服用しても問題ないか医師に確認してから服用するのがいいです。

プリリジーを病院処方ではなく個人輸入で手に入れる場合は注意が必要です。
個人輸入で手に入れる場合は個人輸入の手続きなどを代行してくれる業者を利用するのが一般的ですが、偽物が届いたという人もいます。
偽物だと有効成分の量が少なかったり全く入ってなかったりする場合があります。
それだけではなく、不純物が入っている場合もあるので、できるだけ病院処方で手に入れるのが安全です。

プリリジーの副作用

副作用に苦しむ男性

プリリジーは医薬品なので副作用もあります。
ですが、副作用は比較的に少ないので安全性が高いです。重篤な副作用などは報告されていません。
それに、副作用が起こる頻度は1%から10%未満と言われています。ですので、副作用のことはそれほど心配する必要はありません。

報告されている副作用は頭痛やめまい、下痢や睡眠障害などです。
この他にも眠気や疲労感、喉の渇きなどが報告されていますが、こういった症状は一時的なものです。
寝転んでいた状態から急に立ち上がったり長時間同じ姿勢で座っていたりすると、血圧が低下したり失神したりする場合があるので注意が必要です。
それだけではなく、運動した後や高温下の環境など脱水症状気味の時に服用すると、下痢や嘔吐、高熱などの副作用が出る場合があるので気を付けないといけません。
できるだけ水分補給をしてから服用するのがいいです。

プリリジーは病院で処方されていますが、厚生労働省が認めた医薬品ではありません。
これは、日本人を対象とした臨床試験のデータがないということです。
ですので、日本人にどんな作用があるのか科学的なデータがありません。

プリリジーを開発したのはベルギーのヤンセンファーマ社で、臨床試験に参加したのも現地の人達です。
日本人とは体格や体質が違います。
それに、食生活やかかりやすい病気も違うので、海外の臨床試験のデータは日本人には当てはまりません。
ですので、プリリジーを服用する量には注意が必要です。

プリリジーはダポキセチンが含まれている量によって30mgと60mgがあります。
ダポキセチンが含まれている量が多い方が効果は強くなりますが、その分副作用も強くなる場合があるので危険です。
ですので、初めて服用する場合は30mgのものを選ぶのがいいです。

人によっては30mgでも多い場合があるので気を付けないといけません。
30mgでも多い場合はピルカッターなどで半分にカットしてから服用するといいです。
それでも多いなら1/4にカットしましょう。

プリリジーを実際に服用した人の口コミでも30mgの半分でも十分な効果を得られたという人が多いです。
海外の人に比べると日本人は体格が小さいので、自分に合った用量を見つけることが大切です。
そうすれば、副作用のリスクを抑えられます。